ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)で頻尿(一回の尿の量が多い場合には、水分のとり過ぎが原因のことがほとんどでしょう。糖尿病の人が水分をとり過ぎた結果として頻尿になることもあります。尿崩症や慢性腎不全の場合もあるかもしれません)になることというのはあるのでしょうか? ストレスが原因で、頻尿になることもよくあります。 実は、頻尿の原因で最も多いのが、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)と言われているんですね。 ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)や不安、緊張などから頻尿になることを「神経性頻尿(神経性頻尿や過活動性膀胱、泌尿器系の臓器の疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因で起こることもあります)」と言います。 この神経性頻尿は、膀胱に尿がないにも関わらず、残尿感があったり、尿意があるのに、ほとんど尿が出なかったり、痛みを感じたりします。 神経性頻尿になると、ものすごく頻繁にトイレに行ってたくなってしまうでしょう。 一度トイレに行っても、すぐにまたトイレに行ってたくなると思います。 また、自律神経の乱れによって、頻尿(夜に起こる場合には、夜間頻尿ともいいますね)になることもあります。 自律神経の乱れにより、血行が悪くなって、冷え性になると、トイレが近くなってしまいます。 もし、頻尿になってしまった場合には、まずは泌尿器科に行って診てもらうといいでしょう。 そして、泌尿器科で神経性頻尿だといわれれね、心療内科(患者一人当たりにかける時間が長いことが多く、完全予約制となっている病院も少なくありません)で治療を受けるようにしてください。 神経性頻尿だろうと自己判断していたら、病気が原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)の頻尿だったということもありますから、早いうちに泌尿器(体内にある尿を作って排出を行う器官をまとめた表現です)科を受診してくださいねー